メニュー

業者に依頼して手間を省く

広告

コストとサイズを考える

お店のことをもっと知ってもらおうと思ったり、売れ筋の商品を広く知らせるために活用されるのがチラシです。紙媒体で数字や写真が印刷されていて、新聞の折り込みなどに使われる一般的な販促ツールと言えます。このチラシを作成するにあたり、自社内でプリンタを利用した印刷という方法もありますが、印刷業者に依頼するフライヤー印刷が人気となっています。フライヤー印刷はチラシのことですが、予めデザインを決めてデータを入稿するだけで、印刷そのものは業者がしっかり行ってくれます。印刷専門の業者だけあり、そのクオリティは高くスピードも自社内で印刷するより何倍も素早く仕上げてくれるのが特徴です。外注すると費用がかかるのではと気になるところですが、自社内のプリンタを使用してもインク代がかかりますし、作業をするスタッフの時間や人件費もあるので、料金次第ではありますが、トータルで安くなることも十分にあり得るのです。基本的にA4サイズ以下のものをフライヤー印刷と呼びため、新聞の折り込みなどに使用するA3などには向いていません。ですが、無駄に大きなサイズを用意するより、伝えたい情報を詰め込んで見せるほうが効果的な場合もあります。特に街頭で配るチラシなどは、A4以下のサイズが適切だと言われます。また、サイズが大きくなるにつれ用紙にかかる費用が高くなるため、フライヤー印刷を頼む際にはコストの面からもA4以下の用紙を使うほうが良いと言われています。

Copyright© 2018 フライヤー印刷はコスパを考えよう【比較サイトを利用するのも名案】 All Rights Reserved.