メニュー

色味には気を付けよう

CMYK

画面との違いを把握しよう

フライヤー印刷を業者に依頼する場合に気を付けるべき事は、色味です。今のフライヤー印刷の場合には、そのほとんどが原稿をパソコン上で作成します。デザイナーとのやり取りもパソコン上ですので、当然ながらその原稿データはパソコンの画面を通して確認する事になります。ところが、このパソコン画面での確認した色と実際に印刷機にかけた時の色ではかなり違いが出てしまうのです。それは色をどう表現するのか、その方法がパソコン画面と印刷では根本的に異なるからなのです。パソコン上では色は赤・緑・青のいわゆる色の3原色を組み合わせて表現されます。ところが印刷においては基本的には赤・黒・青・黄色の4色の組み合わせで表現していきます。つまり元となる原色が違うので、表せる色にも違いが出てしまうのです。このような技術的な違いはフライヤー印刷においてははっきりと色の違いとして出てしまいます。フライヤー印刷を初めて頼むと、見本を確認した時と刷り上がりの違いにびっくりする事もあります。しかし、この差はどうしても出てしまいますので、出来れば一度に大量にフライヤー印刷せずに少量から始めてみるのも安全ではあります。ただここにも落とし穴があって、印刷機は調整が難しく、その時の機械の調子や外気環境の変化によって色のノリが違ってしまいます。従って、全く同じ原版でも初版と次の版では微妙に色に違いが出るという事はあるのです。このように色にこだわると非常に難しいフライヤー印刷ですが、クセを知って上手に対応しましょう。

Copyright© 2018 フライヤー印刷はコスパを考えよう【比較サイトを利用するのも名案】 All Rights Reserved.