メンズ

業者で行う印刷の魅力

フライヤー印刷は用紙の種類や印刷の仕上がりによってパッと見た時のイメージが全く異なります。イメージ通りのフライヤーを作りたい場合は専門の業者で印刷を行いましょう。想像したイメージとできるだけ近いものを形にすることが可能です。

詳しく見る

メニュー

CMYK

色味には気を付けよう

フライヤー印刷で気を付けるべきなのは、パソコン上で確認する見本の色と印刷で刷り上がったものの色に違いが出ることです。この問題は色の表現方法の違いに起因しますが、その他にも印刷機の調子によって色に違いが出ることがあります。

詳しく見る

広告

業者に依頼して手間を省く

一般的な販促ツールとしてチラシの作成を考えると、自社のプリンタを使った制作もありますが、専門業者に依頼するフライヤー印刷が人気となっています。クオリティの高さや印刷スピードは言うまでもなく、コストも比較的安く済むため、用紙のサイズなどと合わせて検討すると良いでしょう。

詳しく見る

印刷物

フライヤー作成をしよう

フライヤー印刷では、品質が高く料金が安いことが求められる傾向にある。その点において、ネット申し込みの業者では仕上がりが早く料金が安い傾向にある。小ロットにも対応している業者も多く、利便性が特に高くなっている。

詳しく見る

印刷

高品質な印刷

印刷の専門業者が行うフライヤー印刷では、担当営業からさまざまなアドバイスを受けることができ、最新の印刷機器で印刷することができるので、とても品質の高いものを作成することができます。しかし完成までに時間がかかることがデメリットです。

詳しく見る

チラシなどの小物印刷

print

小物印刷の費用の注意点

チラシやビラ、それに名刺やハガキなどの小物の印刷物といえば、一人前の社会人であるならば、誰にとっても身近な印刷物と言えるでしょう。それらを個人的に印刷業者に依頼するような経験は、誰でも一度や二度はあることでしょう。そんな小物印刷ですが、やはり専門の印刷業者に依頼する際には、少しでも費用を安く抑えたいと思うものです。そのための手っ取り早い方法としては、ネット検索で格安業者を探してみるのが手間暇がかからずに簡単です。それに何件かの業者を調べてみれば、費用の相場も自然に分かってくるものです。もちろん、最初から印刷料金の比較サイトなどを利用するのも名案です。また、インターネットでチラシやハガキなどの印刷業者を探す際には、チラシ印刷とかハガキ印刷などの検索キーワードだけではなくて、フライヤー印刷というキーワードで検索してみるのも一案です。フライヤー印刷とは要するに小物印刷全般のことですので、そのほうが手軽に効率良く探せる場合もあります。ただしチラシでもビラでもハガキでも、何枚くらい必要になるのかは必ず事前に明確にしておきましょう。なぜなら印刷物というものは、印刷する枚数によって費用が大きく違ってくるからです。ですから数万枚などの大量のチラシが必要なら、大量印刷に強いフライヤー印刷業者に頼むべきです。逆に数十枚か百枚程度だけ必要なら、オンデマンドなど、少部数印刷に強いフライヤー印刷業者が適しています。そのほうがチラシ一枚当たりの単価が低くなって費用的にお得です。

Copyright© 2018 フライヤー印刷はコスパを考えよう【比較サイトを利用するのも名案】 All Rights Reserved.